婦人

ミネラルファンデーションの使い心地をランキングで確かめる

肌トラブルに効く美容成分

鏡を見る女性

濃度に気を付けて使う

ビタミンc誘導体は酸性の成分なので、敏感肌に強い刺激があります。濃いほど美肌になるというわけではないので、種類や濃度をよくチェックして購入することが大切です。肌が弱い敏感肌の人には、0.5%〜1%程度の濃度のビタミンc誘導体化粧水がお勧めです。普通肌の人は2%〜5%が目安です。それ以上濃い濃度になると、たとえ普通肌でも肌に負担になるので注意が必要です。ビタミンc誘導体入りの化粧水をつけたあとは、肌が乾燥した状態になります。そのため、普段よりも意識してたっぷりと乳液やクリームをつけて保湿をすることが大切です。コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの美容液やクリームが、保湿効果が高いのでおすすめです。

肌を美しくする成分

肌のトラブルを改善して美肌に導く成分がビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は、ビタミンCを有効成分としています。ビタミンc誘導体を肌につけるとビタミンCに変化し、ビタミンCとして細胞に働きかけます。経口摂取でビタミンCをつけるよりもスキンケアでビタミンc誘導体をつけたほうが何十倍も効果があると言われています。ビタミンc誘導体の主な効能は、シミやくすみ改善、ニキビの予防、しわの予防、毛穴の開きの引き締めなどです。美白化粧水や収れん系化粧水などに、よくビタミンc誘導体が使われています。エイジングケア成分としても注目されており、最近はビタミンc誘導体配合の高級アンチエイジング系化粧水が増えています。